音楽家・ミュージシャン

務川慧悟(むかわけいご)の出身高校やプロフィールは?両親や兄弟についても調査

今回は、ピアニストの務川慧悟(むかわけいご)さんについて書いていきたいと思います。

エリザベート王妃国際音楽コンクール第3位を受賞、幼い頃からバッハが好きだったという、切れ長の目が印象的な、ちょっと変わった?青年です。

そんな務川慧悟さんの出身高校やプロフィール、はたまたご家族のことについて調べてみました。

務川慧悟(むかわけいご)さんの出身高校は?

務川慧悟(むかわけいご)さんのプロフィール

務川慧悟(むかわけいご)さんの両親や兄弟についても

ピアニストの記事はこちら

西川悟平の強盗エピソードが奇跡!父や結婚相手は?出身高校や大学についても今回は、ピアニストの西川悟平(ごへい)さんについて書いていきたいと思います。 西川悟平さんは、七本指のピアニストとして有名な方。ピ...
清塚信也はゲーム好き!2BRO.との関係は?身長や体重・母親についてもみなさんこんにちは! 今日はピアニストの清塚信也さんを取り上げてみたいと思います。 清塚信也さんは1982年11月13日生ま...

務川慧悟(むかわけいご)さんの出身高校は?

務川慧悟さんの出身高校は、愛知県立旭丘高等学校

普通科は県内では偏差値70を超す、トップクラスの学力の高校です。普通科以外に美術科というのもありますが、こちらは絵の方です。務川慧悟さんは普通科に進学しています。

旭丘高校の同窓会にて。どこにいるかわかりますか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

務川慧悟(@keigoop.32)がシェアした投稿

県立高校の普通科から藝大に入学するとは、すごいですね。

音楽高校に通うか迷ったそうですが、生徒の自主性を尊重し、目指したい方向性を応援してくれる旭丘高校に決めたようです。大学は音大と決めていたそうなので、高校はあえて普通科に進学していろいろな経験をし、広い視野を持ちたいとの思いもあったよう。

ピアノのレッスンは学外で相当やられていたのでしょう。プロのピアニストの方が県立高校の普通科出身って、なかなか珍しいのではないでしょうか?




務川慧悟(むかわけいご)さんのプロフィール

務川慧悟さんのプロフィールについて調べてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

きむらたかえ(@kimuratakae)がシェアした投稿

務川慧悟(むかわけいご)

生年月日・年齢: 1993年4月9日 28歳

出身地:愛知県知多郡東浦町

出身中学校:東浦町立西部中学校

出身高校:愛知県立旭丘高等学校

出身大学・その他学歴:東京藝術大学→パリ国立高等音楽院

愛知県知多郡東浦町出身、3歳からヤマハ音楽教室でピアノを始めます。小2から個人レッスンを開始。

子供の頃は、音楽の授業が終わると、友達にピアノ弾いてと言われてよく弾いていたそうです。この頃の、自分のピアノで皆が喜んでくれるのが嬉しかった体験から、現在も人前でピアノを弾くのが好きだといいます。

中学生の時には、全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会第1位(2008年)。

愛知県立旭丘高等学校へ進学。

2012年、東京藝術大学音楽学部器楽科1年在学中に第81回日本音楽コンクール第1位受賞、これを機に本格的に音楽活動を始めます。

2014年、パリ国立高等音楽院に首席で合格し、フランスへ。パリ国立高等音楽院、第2課程ピアノ科、室内楽科を修了、2019年秋より同音楽院フォルテピアノ科に在籍しています。

2014年ということは、大学3年か4年生なので、藝大は休学などされたのでしょうか?フランスに行ってその後藝大に戻ったというの話はないので、藝大は卒業されていないのかもしれません。

2019年から、日本音楽コンクールで第一位を同時受賞した反田恭平さんと、2台ピアノのツアーを行っています。とても迫力もあって、お二人の楽しそうな演奏が魅力的です!

created by Rinker
¥2,879
(2021/08/31 09:12:56時点 Amazon調べ-詳細)

日本各地、フランス、スイス、上海、ラトビア、イタリアでの演奏経験があり、日本では東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団などのオーケストラ、フランスにてロレーヌ国立管弦楽団と共演の経験があります。

コンクール受賞歴もすごい!

2015年 エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第2位

2016年 イル・ドゥ・フランス国際ピアノコンクール(フランス)第2位

コープ・ミュージック・アワード国際コンクール(イタリア)ピアノ部門第1位、各部門優勝者によるファイナルにて第2位、聴衆賞を受賞

2018年 第10回浜松国際ピアノコンクールにおいて第5位

2019年 ロン=ティボー=クレスパン国際コンクールにて第2位

2021年 エリザベート王妃国際音楽コンクール第3位

フランク・ブラレイ、上田晴子、ジャン・シュレム、パトリック・コーエン、横山幸雄、青柳晋の各氏に師事。

バッハを奏でる務川慧悟さんはこちら。

 




務川慧悟(むかわけいご)さんの両親や兄弟についても

務川慧悟(むかわけいご)さんのご家族について調べてみました。

母親は、ピアノ教師。務川慧悟さんがピアノを始めたのは、このお母さんの影響が強いと思われます。

残念ながら、母親についての情報は以上で、父親については何も情報がなく…。

藝大進学、フランスに留学するにあたり、奨学生として支援を受けていた務川さん、ご両親に頼らずに自分の力で道を切り開いていくなんて、かっこいいですね。

 

そして務川慧悟さんには、弟さんがいるようです。務川広貴さんというクラリネット奏者です。

桐朋学園大学出身。NEIGHBORSという桐朋学園大学出身トリオを組んでいましたが、2020年に解散。

現在もクラリネット奏者として活動しているようで、いずれ兄弟で共演が見られるかも…?

一番右が弟さんかな?お兄ちゃんに似てる気がします。



務川慧悟(むかわけいご)さんの出身高校やプロフィールまとめ

今回は、ピアニストの務川慧悟さんについて調べてみました。

出身高校は意外にも進学校の普通科で、その後は藝大→パリ国立高等音楽院と進んだ務川慧悟さんですが、インタビューや文章などを見ても、とても頭の良い方と感じました。

また、SNSではご自身が一人で写っている写真が全然なくて…控えめなのか、シャイな方なのでしょうか(笑)

弟さんもクラリネットをやっているようで、兄弟で共演もいつか見てみたいですね。

コロナが落ち着いたら、公演の機会も増えることと思います。今後の活躍も楽しみです。

 

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。