芸術家・アーティスト

鈴木千恵(下駄アーティスト)塗下駄の購入方法や値段は?プロフィールや経歴も調査

今回は、下駄アーティスト、下駄作家、塗り下駄職人、伝統工芸デザイナーといった肩書をお持ちの鈴木千恵さんを紹介したいと思います。

鈴木千恵さんは静岡出身の下駄アーティストで、塗下駄と呼ばれる漆を塗った下駄に、個性的な素敵な絵を描いていて、人気の作家さんです。

そこで今回は、鈴木千恵さんとその下駄について調べてみました。

鈴木千恵さん(下駄アーティスト)の塗下駄の購入方法や値段は?

鈴木千恵さん(下駄アーティスト)のプロフィールや経歴は?

徹子の部屋・水曜日の出演者・林家きく姫さんはこちら

https://coochanenjoyblog.com/geinou/dento/kikuhime/

鈴木千恵さん(下駄アーティスト)のグッズの購入方法や値段は?

鈴木千恵さんの素敵な塗下駄、どこで購入できるのでしょうか?調べてみました。

基本的には、年に数回、春~夏頃に展示会が行われ、そこで注文を受け、制作に入ります。

手元に届くのは、注文から早くて1~2か月、長いと3~4か月かかるそう。ひとつひとつ手作りですから、納得ですね。最長で1年半かかることもあったそうです。

今年の今後の展示会の情報を以下に記載します。

鈴木千恵さん(下駄アーティスト)の下駄の展示会はいつ?

今年の夏は3会場。基本的には鈴木千恵さんも来場し、お客さんの注文を聞いたりなどするようです。

新宿高島屋以外は大きな場所ではないので、場所を事前に確認してお出かけください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

すずき ちえ(@chee_lab)がシェアした投稿

東京

2021年6月30日(水)~7月11日(日)
会場:新宿高島屋 2階 スイングスクエア
JR「新宿駅」新南改札・ミライナタワー改札より徒歩2分

下駄だけでなくバッグも販売されます。

名古屋

2021年7月16日(金)~18日(日)
ArtGETA 鈴木千恵 新作展 in名古屋(ギャラリー池下2112)

会場:ギャラリー池下2112
住所:〒464-0073 愛知県名古屋市千種区高見2-11-2 シンワビル1F
地下鉄東山線池下駅1番出口から徒歩4分。駐車場なし。

日にちによって時間が違います。
16日 13:00~19:00
17日 11:00~19:00
18日 11:00~15:00

静岡

2021年8月6日(金)~8日(日)
ArtGETA 鈴木千恵 新作展in静岡ギャラリー悠

会場:ギャラリー悠
住所:〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠2-6-17
静岡清水線・新静岡駅より徒歩3分、駐車場有
時間 11:00~18:00(最終日は17:00まで)




鈴木千恵さん(下駄アーティスト)の展示会以外の購入方法はある?

それでは、上記の会場に行けない方は購入できないのでしょうか?通販などはあるのかについても調べてみました。

通販は以前はやっていたようですが、現在は休止中とのこと。minneにあるので注文はできませんが、作品を見るだけでも楽しいのではないでしょうか。

塗下駄なども売っていましたが、手作り下駄セットやその他のグッズも売られていました。

また、別サイトでネコちゃんグッズも販売しています。鈴木千恵さんは愛猫家でもずくとお結びという猫を飼っていますが、「もずくとお結びと仲間たち」にて、猫や時々犬グッズも取り扱っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chee Suzuki(@cheecatlab)がシェアした投稿


手前の黒いネコがお結び、奥がもずく。かわいいですね(=^・^=)時々下駄にも登場します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

すずき ちえ(@chee_lab)がシェアした投稿




鈴木千恵さん(下駄アーティスト)の下駄の値段は?

それでは気になる値段については、おいくらぐらいなのでしょうか?

ひとつひとつ手描きの下駄、お安くはなさそうです。

お値段は作品によって違うので、作品展に展示されていたものを一部値段と一緒にご紹介したいと思います。


引用元:https://digitalpr.jp/r/33239

レモンスカッシュ。税込み30,240円。女性ものです。

 

引用元:https://digitalpr.jp/r/33239

オクトパス。男性物です。税込み33,480円。

価格は20,000円~40,000円くらいのものが多めです。

展示会で出品しているものと、オーダー(受注販売)のものがあります。




鈴木千恵さん(下駄アーティスト)のプロフィールや経歴は?

次に、下駄アーティスト・鈴木千恵さんのプロフィールや経歴について調べてみました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

すずき ちえ(@chee_lab)がシェアした投稿


1974年4月生まれ

年齢:47歳(2021年6月現在)

出身地:静岡県静岡市

師匠:佐野成三郎氏

鈴木千恵さんは、インテリアの専門学校を卒業した後、「ケミカルシューズ」という地元の健康サンダルや足にやさしい靴を作るメーカーに就職。

ある時、シューズデザイナーの高田喜佐さんの本を読んで、「靴って、こんなに自由に作れるものなんだ」と、衝撃を受けました。

靴の勉強をしようとイギリスの靴の専門学校へ見学に。しかし、その時に、ブランド品のお店にたくさんいる日本人を見てこう思いました。

私はイギリスという「ブランド、ステイタス」が欲しくてここまで来たのかな?純粋に靴作りをやりたいのなら日本の下駄がある。その時ビビッと来ちゃいました。下駄なら、昔から好きだった絵も描けるし一石二鳥。

引用元:http://www.naraigoto.jp/

そう思い、1週間で下駄の道へ進むことを決めたそうです。

それから数か月後、下駄の展示会に行って、職人さんに下駄が作りたいと直談判。張下駄と塗下駄どちらか聞かれ、絵を描くのが好きだから、という理由で塗下駄を選びました。

1999年、駿河塗で伝統工芸技術秀士の佐野成三郎氏に弟子入り。会社勤めを続けながら、週末だけ下駄作りを学びます。

下駄職人の世界で女性は珍しく、弟子入りして数か月後に、メディアの取材依頼が入ります。師匠から「お前にできることはメディアに出て下駄を広めることだ」と言われ、たびたび取材を受けることに。

2006年、ミラノのファッションウィーク期間中に開催されるUPSIDE(アーティスト部門)に出品。

2008年、ある雑誌の取材記事が、デザイナーの森英恵さんの目に留まり、東京・表参道の森英恵オープンギャラリーに出品。

2009年、水戸芸術館で開かれた「手で創る―森英恵と若いアーティストたち」に出品。このころ、会社を辞め、塗下駄に専念します。

また、森英恵さんが徹子の部屋で鈴木千恵さんの下駄を紹介したことが縁で、2010年5月から高島屋全国6か所で巡回展を開始。

現在は、春夏に新作展示会で注文を受け、秋冬に制作するスタイルです。

私生活についてはあまり触れられておらず、ご本人がご結婚されているかは不明です。幼い甥・姪がいるようです。

 

かわいらしい塗下駄作品の一部を載せてみました。インスタグラムにはたくさんの塗下駄が掲載されているので、要チェックです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

すずき ちえ(@chee_lab)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

すずき ちえ(@chee_lab)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

すずき ちえ(@chee_lab)がシェアした投稿

鼻緒も個性的でおしゃれですね!

 



鈴木千恵(下駄アーティスト)塗下駄の購入方法や値段は?まとめ

今回は、下駄アーティストの鈴木千恵さんの塗下駄はどこで買える?ということで、展示会の日程や場所、通販はあるのかや、下駄の値段についてまとめました。

展示会は新宿・名古屋・静岡の3か所で開催され、購入はそこでできます。下駄の通販は現在行っていません。値段は20000円~40000円のものが多め。

また、鈴木千恵さんご自身の経歴・プロフィールなどについて調べてみました。

一見奇抜ですが、個性的でかわいらしい塗下駄、なんだか欲しくなってきますね!

鈴木千恵さんのますますのご活躍と、ネコちゃんたちの愛らしさにも注目です。

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。