芸術家・アーティスト

池田洋介は河合塾講師でアルゴループ考案者!学歴・Wikiプロフィール・経歴は?

今回は、パフォーマーの池田洋介さんについて調べてみました。ジャグリング、パントマイム、マジックを組み合わせたそのパフォーマンスは、世界中の人たちを楽しませています。

また、予備校の講師で、アルゴループというおもちゃの考案者という様々な面を持つ池田洋介さん。

出身大学や高校などの学歴やプロフィールについても調べてみました。

池田洋介さんの職業は河合塾の講師!大学や高校など学歴は?

池田洋介さんはアルゴループの考案者!

池田洋介さんの年齢や経歴、Wikiプロフィール!

 

池田洋介さんの職業は河合塾の講師!大学や高校など学歴は?

池田洋介さんは、パフォーマーの傍ら予備校講師をしています。

河合塾数学科講師として、参考書や数学関係の著作物も発行しています。河合塾では大学卒業後、2001年から講師を務めているようです。

created by Rinker
河出書房新社
¥792
(2021/09/18 18:11:22時点 Amazon調べ-詳細)

以前は元河合塾三宮校講師でしたが、現在は対面授業を担当しておらず、河合塾マナビスという映像型の講義を担当しています。講師紹介ページにも登場。

夏期講習の京大文系数学のテキスト作成者でもあります。京大の解答速報も担当。

実際の講義を受けた学生からは、とてもわかりやすい、数学が面白くなる、などの声があり好評のようです。

塾講師であり、パフォーマーでもある…

予備校講師って、個性的な方が多いというか、ちょっと変わった方が多いですよね。クセが強いというか…。パフォーマーの方がいてもおかしくない感じがします。

あるいは、予備校講師という仕事は、他の何かと両立しやすい労働環境にあるのかもしれませんね。

そんな塾講師もされている池田洋介さんの出身大学は、京都大学理学部数学科卒業です。

先程から名前が出ているので、察しの良い方はお気づきだったかもしれませんね。在学期間がなぜか1994年~1999年と5年間になっているのですが、留学か留年か休学かしたのでしょうか?

ちなみに高校は、滋賀県立膳所高等学校。現在の偏差値72-76で、滋賀県内偏差値トップの進学校です。




池田洋介さんはアルゴループの考案者!

池田洋介さんは、アルゴループという「アルゴリズム(演算)」と「ループ(輪、繰り返し)」を組み合わせた不思議なパズルのおもちゃを考案。クラウドファンディングで製品化されました。知育のおもちゃのような感じ。

この動画、2021年9月現在で600万再生を越えています。池田洋介さんも、こっちが公式でいいのでは?と認めています(笑)

なんとも不思議なおもちゃです!数学脳が鍛えられるのだとか。

東京おもちゃ美術館公式オンラインショップで時々販売しています(よく売切れになっています)

さすが、数学の先生でありパフォーマーである池田洋介さんならではのアイデアといったところでしょうか。



池田洋介さんの年齢や経歴、Wikiプロフィール!

池田洋介さんの年齢やプロフィールについても調べてみました。

池田洋介

年齢:1975年生まれ 46歳

職業:パフォーマー、予備校講師

出身地:滋賀県湖南市

居住地:京都府

出身高校:滋賀県立膳所高等学校

出身大学:京都大学理数学部

2012年に公開した「Hello Goodbye」という動画が世界中に広まり、世界中の国々のフェスティバルの招致を受けます。

ミモス国際マイムフェスティバルでは準グランプリを受賞。

2014年11月、世界で最も有名なフランスのエンターテイメントショー「Le plus grand cabaret du monde」に出演し、スタンディングオベーションで大成功。

2016年にドイツ有数のバリエテシアターで主要キャストとして2ヶ月間の公演を成功。

コロナ前までは世界18カ国を巡り、文字通り世界中を飛び回っていました。

パフォーマー以外の活動としては、先程の予備校講師をしたり、アルゴループを考案したり、講演を行ったりと、その頭脳を惜しみなく使っています。

Twitterでは、「意味が分かると怖い話」というシリーズが人気です。

最初、どこを縦読み?とか色々考えてしまいましたが、ああ、トイレットペーパーだから、そうか…と気づきました。

お時間がある方はぜひ。

ちなみに、SNSのプロフィール欄、結構詳しく書いているのですが、家族については未記入。独身なのでしょうか?

池田洋介さんの職業は河合塾の講師!まとめ

今回は、池田洋介さんの職業は河合塾の講師である事や、池田洋介さんが考案したアルゴループというおもちゃについて、それから池田洋介さんの年齢やプロフィールなどを調べてみました。

Twitterの「意味が分かると怖い話」はちょっと考え込んでしまいます(笑)たまには頭を使ったほうが良いですね。

まだまだメディアに露出が多くないので、明かされてない部分が多いですが(どういった経緯でパフォーマーになったのかなど)、今後わかることが増えたらまた追記したいと思います。

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。