芸能人・有名人

伊沢拓司の実家の埼玉県鳩ヶ谷はどこ?両親離婚してる?父親の職業も!

今回は伊沢拓司さんにスポットを当ててみました。

開成高校在学中に「全国高校クイズ王選手権」で連覇、東大生クイズ王で一躍有名になった、タレントで実業家の伊沢拓司さん。今回は、伊沢拓司さんの実家やご両親のことについて取り上げてみたいと思います。

伊沢拓司さんの実家鳩ケ谷は埼玉県のどこ?

伊沢拓司さんの両親が離婚してるって本当?

伊沢拓司さんの父親の職業は?

徹子の部屋の出演者の記事一覧は>>こちら

ヤマザキマリの母は元札幌交響楽団の山崎量子!破天荒エピソードや現在についても今回は、「テルマエロマエ」で一躍有名になった、マンガ家のヤマザキマリさんを取り上げてみたいと思います。 ヤマザキマリさんの破天荒な...

伊沢拓司さんの実家鳩ケ谷は埼玉県のどこ?

伊沢拓司さんは、茨城県出身埼玉県育ちということがわかっています。

それでは、実家は埼玉のどこなのでしょうか?

以前、Twitterでファンからの「埼玉県のどこで育ったか」という質問に、さいたま市→鳩ケ谷市と答えています。

さいたま市で過ごした後、鳩ケ谷に引っ越したと思われます。

さいたま市は埼玉県の東南部にある大きな市です。もともとは浦和市と大宮市が合併してできた市でしたが、その後も周辺の市を吸収合併して大きくなりました。


引用元:埼玉県HP

では、鳩ケ谷市はどこにあるかというと、鳩ケ谷市という市は現在埼玉県にはありません。

2011年に川口市に編入合併し、現在は駅名や地名などにその名を残しています。東西南北をほぼ川口市に囲まれ、南の一部が東京都に隣接していて、当時は日本で2番目に面積の狭い市でした。位置的にはさいたま市の南です。

伊沢拓司さんの年齢的には17歳の時に鳩ケ谷市から川口市になっているのですが、育った場所を鳩ケ谷市と答えるということは、川口市になる前に引っ越したか、子供時代はまだ鳩ケ谷市だったので鳩ケ谷市に思い入れがある、のいずれかと考えられます。

伊沢拓司さんは荒川区西日暮里にある開成中学・高校に進学しており、鳩ケ谷から通いやすい立地にあることがわかりますので、少なくとも中高時代までは鳩ケ谷の実家から通っていたのではないでしょうか。

ご実家が、現在も鳩ケ谷市…現・川口市にある可能性も十分ありますね。




 

伊沢拓司さんの両親が離婚してるって本当?

「伊沢宅司 両親」と検索すると「離婚」の文字が出てきました。ご両親は離婚されているのでしょうか?

色々と調査してみましたが、ネット上でご両親が離婚されていると言う情報は見つけることができませんでした。ということは、おそらく離婚はしていないのではないでしょうか。

2020年に放送された「深イイ話」でもお母さんのみゆきさんのことに少しだけ触れていましたが、離婚したとは言っていなかったので、離婚していないと思われます。

伊沢拓司さんのお父さんと言えば、最近は旅人や遊び人、自遊人など、いろいろとテレビで紹介され、親父ギャグを連発する面白いお父さんですが、自由気ままに過ごしているあたりが「離婚したのでは?」と思われる要因になったのかもしれません。

真相がわかりましたら追記していきたいと思います。



伊沢拓司さんの父親の職業は?

伊沢拓司さんのような東大卒でクイズ王になり、さらに起業して色々成功しているとなると、さぞかしご立派な両親に育てられたのでは?と考えるのは世の常です。

というわけで、父親・について調べてみました。母親も少し。

伊沢拓司さんの父親は伊沢隆司さんで、昭和31年生まれ、茨城県立水戸第一高校早稲田大学教育学部卒。その後大手メーカーに入社し、数々のヒット広告を生み出した超敏腕コピーライターとの事。

その大手メーカーと言うのが、養命酒です。正式名称は養命酒製造株式会社

この養命酒で、井沢隆司さんは、広報を担当していました。

隆司さんはダジャレ好きで、息子にも幼少期からダジャレを連発したり謎かけを話していたそう。伊沢拓司さん自身もダジャレをよく言うので、お父さんのがうつったのかもしれません。

テレビでお父さんの部屋が紹介された時に、3台のテレビで別々の番組を見たり、時間があっていない時計が部屋に二つ掛けてあったり、全然知らない人が馬に乗っている写真が飾ってあったりと、謎が多い人物です。

また、自遊人(じゆうじん)を自称しており、2018年に定年退職し、現在は旅をしたりして楽しんでいるようです。

お母さんの伊沢みゆきさんについては情報がほとんどないのですが、伊沢拓司さんが幼少期から共働きをしており、新聞社でリサーチャーとして働いていたという情報があります。

どこの新聞社かは特定されていませんが、「日経新聞」と言われています…が、この情報が正しいかどうかは定かではありません。

伊沢拓司さんは、お父さんの保育園のお迎えが思い出に残っているようで、お迎えは主にお父さんが担当していたのかもしれません。

お母さんはお仕事をしていて、伊沢拓司さん自身もあまり父親ほど母親とのエピソードを語る場面も少ないあたり、あまりお母さんが過保護・過干渉ではない感じがするのが良いですね。

父親・母親共に読書が好きで、家にはたくさんの歴史小説などがあったんだとか。そんな環境で育った伊沢拓司さんも、読書好きになりました。




伊沢拓司さんの実家は埼玉県のどこ?まとめ

今回は、伊沢拓司さんのご実家の場所についてや、ご実家のご両親のことについてなど書いていきました。

エリートで頭が良いけど面白いお父さん、謎に包まれたお母さん(笑)、に育てられた伊沢拓司さん、自然と勉強したり、頭を使ったりする環境が整っていた様子。

やはり親が頭が良いと、子供への教育も力が入りすぎてないというか、ただ勉強をやらせるのとは違う、子供が自主的に勉強するようになるようにさりげなくフォローしている感じがします。なかなか真似できることではありませんが、取り入れていきたいですね。

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。