漫画家・イラストレーター

ヤマザキマリの母・山崎量子の札幌交響楽団の画像!現在や破天荒エピソードについても

今回は、「テルマエロマエ」で一躍有名になった、マンガ家のヤマザキマリさんを取り上げてみたいと思います。

ヤマザキマリさんの破天荒なお母さんの山崎量子さんについてや、お母さんが再婚後に生まれた妹さんについて調べてみました。

ヤマザキマリさんの母は元札幌交響楽団の山崎量子さん!

ヤマザキマリさんの母の破天荒エピソードがすごい

ヤマザキマリさんの母の現在は?

徹子の部屋の出演者の記事一覧は>>こちら

翌日のゲストの露木茂さんについてはこちら

露木茂の日航機墜落報道のアドリブがすごい!逸見政孝との関係や妻・息子についても調査露木茂さんといえば、若い方はご存じないかもしれませんが、一時はよくテレビでお見かけしていたアナウンサー。フジテレビのニュース番組のイメー...

ヤマザキマリさんの母は元札幌交響楽団の山崎量子!

ヤマザキマリさんのお母さんは、札幌交響楽団に所属していた山崎量子さん。

山崎量子さんはミッションスクールに通っていたお嬢様だったようですが、昭和35年、27歳の時に勤めていた会計事務所を辞めて、神奈川の実家を勘当同然で飛び出し、北海道へ渡りました。

音楽の道で食べて行く為…北海道で新しくできる札幌交響楽団に入団する為です。

ヴィオラ奏者として、札幌交響楽団の創立メンバーになります。

1980年1月の定期演奏会のプログラムより。


引用元:新・読後充実度 84ppm のお話

そこで、同じ交響楽団の指揮者の男性と結婚し、ヤマザキマリさんが産まれますが、父である男性は、ヤマザキマリさんが生まれて間もなくこの世を去ってしまいます。

その後、山崎量子さんは再婚し、ヤマザキマリさんの異父妹も産まれますが、離婚。

山崎量子さんは、2人の娘を抱え、シングルマザーとして生きていくのですが、いわゆる「普通の母親」の枠にとらわれない、自由な育児をされていたようなので、次の項目で触れていきたいと思います。




ヤマザキマリさんの母の破天荒エピソードがすごい

ヤマザキマリさんの母・量子さんの破天荒エピソードがすごい!普通のお母さんとは一味も二味も違います。

・遠足のお弁当がマーガリンと砂糖を塗った食パンだった

・あっさり学校をずる休みさせてくれた

・学校を休ませて演奏旅行に連れていく

ヤマザキマリさんは、子供心に、この人に母業は務まらないと諦めていたそうで、普通の母親像というものも求めていなかったようです。

嫌がることは無理強いしない母であり、ヤマザキマリさんも幼い頃は、音楽家の母に楽器をやらされたそうですが、やらされるのが嫌で、ヴァイオリンを地面に叩き付けてやめたそうです(笑)

ここらへんのことは、ヤマザキマリさんのお母さんのことを書いた著書にも!

また、山崎量子さんが行く予定だったヨーロッパ旅行、突然予定が入り行けなくなったため、当時14歳だったヤマザキマリさんが行くことに

ドイツとフランスの予定で、量子さんの友達の家に泊まり、あちこち回ったそうですが、英語もおぼつかなく、途方に暮れる経験もしたそう。

その旅の終わりにパリのルーブル美術館に行くために、ブリュッセルの駅でウロウロしていると、視界に入ってくるおじいさんがいて、変な英語で「家出人だろう」と話しかけてきました。

そのおじいさんはイタリア人の陶芸家で、ヤマザキマリさんに「イタリアが入ってないなんてセンスのない旅」と言い、「イタリアに来なかった時点でこの旅は大失敗だ、お前が日本についたら無事に着いたかどうか手紙をよこせ」と連絡先を渡され、ヤマザキマリさんは、ルーブル美術館に行った後に帰国。

帰国後、ヤマザキマリさんは「感じの悪いイタリア人に会った、この旅は私が行かせましたって送ってよ」と量子さんに言うと、量子さんは手紙を書いて送ったのですが、いつの間にかそのイタリア人とメル友に。

そのおじいさんはマルコといい、頻繁にやり取りする仲になり、すっかりお母さんも信頼して、ヤマザキマリさんが17歳の頃には、「一度娘をイタリアによこせ。全ての道はローマに通ずるのだから、イタリアに来てアカデミックな美術環境を見せろ」と言われたので、ヤマザキマリさんは高校を辞めてイタリア留学に行くのでした。

17歳の時のヤマザキマリさん。

ヤマザキマリさんは、後にこのマルコおじいさんの孫と結婚します。

「」のセリフの引用元:別館.net.amigo




ヤマザキマリさんの母・山崎量子さんの現在は?

山崎量子さんは、現在は認知症の為、北海道の病院に入院しているそうです。

入院するまで、認知症を認めず、娘たちの介護を拒否していたという量子さんですが、入院後は優しい、穏やかな顔になっていったそう。

娘たちに弱みを見せることはなかった気丈なお母さん。80になっても細々とヴァイオリンを教えていましたが、認知症の症状がいろいろ出てきて、これは医者に診てもらわないと…と娘たちが思っていたところ、パーキンソン病が悪化し、倒れてしまいました。

以前、量子さんは、年をとっても施設に入れないでほしい、よその老人と話が合うわけない、と言っていたそうですが、入院後は周りの方たちとうまくやっているご様子。

昔から交響楽団のメンバーやたくさんの人に囲まれていたので、ひとりよりも、人と一緒の方が安心なのかもしれないということでした。



ヤマザキマリさんの母は元札幌交響楽団の山崎量子!

今回は、ヤマザキマリさんのお母さん・山崎量子さんについて調べてみました。

一味違った母親との生活は、他の子とは違う経験がいっぱいできたようで、なんだかちょっとうらやましいですね。

そんなヤマザキマリさんも、波乱万丈な人生を歩んでいます。

いざ自分が親の立場になったとき、山崎量子さんと同じことができるかといったら、難しくて自分にはできないと思うのですが、なんだか憧れてしまいます。

周りの目を気にせず、のびのびと自分の思うような育児ができたらいいですよね。

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

28歳